アルテ|その人本来の美しさを大切にしたいから
アルテは、本当に安心安全な
			   オーガニックコスメ基準をふまえて製品作りをしています。

最も理想的なオーガニックコスメを提案するために、「日本オーガニックコスメ協会」が立ち上げた国産オーガニックコスメのアルテ。
自然界にあるものだけで作ったオーガニックコスメです。化学合成成分を一切使っていません。

 

アルテについて

「アルテ」の美の哲学について

「アルテ」の美の哲学について
―――自然と調和して、美しく健康な心身を育む

「アルテ」は、良質なオーガニックコスメを提供することに加えて、美しさについての哲学も提案していきたいと考えています。

美しさとは、自然という根としっかりとつながったものだと「アルテ」は考えています。

何故なら、真の意味での美しさは、健康なくしてはありえず、健康は自然と分かちがたく結びついているからです。
本当の美しさとは、表面だけを取り繕ったものではなく、内側から力にあふれ、輝き出る光です。

その光は、自然との調和から生まれ、そして循環していくエネルギーです。

本当の美しさは、それぞれの人が持つ自然から生まれ出るものであり、それは画一的なものではなく、多様な形態や色合いに満ちています。

その人らしい個性美を尊重することが大切なことであり、それは自然からもらった貴重な宝です。

「アルテ」は、年齢を重ねることは何かを失うことではなく、つねに新たな美しさを見出していくことだと見ています。年齢を重ねることもまた、自然という循環の調和に沿うことであり、そのことに敬意を払うことはいっそう人生を豊かにすることでしょう。

「アルテ」が提案したい美しさは、自然と調和した健康な心身から輝き出る光のエネルギーであり、それを大切にしたいと考えています。

「アルテ」の美容植物のパワーを活かすコスメ作り
―――伝統的な植物療法に敬意を払う

オーガニックコスメには、伝統的な植物療法の知識が活用されています。

心身の内側からあふれ出る美しさを育み、守るために、じつは何千年前から人々は、自然の植物を観察し、活用してきました。

そして素肌を美しく健康にし、内側から光を放つものを有用な美容植物として選び出してきたのです。

長い歴史のなかで人々は、様々な美容植物のそれぞれの効果効能を知り、そのときどきの肌トラブルを改善するためにどんな植物が適しているのかを確かめ、有益な情報を次世代にも伝えてきました。 それが世界各地で、伝統的な植物療法として残っています。その伝統的な植物療法は、人々が長い時間をかけて、自らのからだで試し、生み出したものであるからこそ、安全と言えるのです。

いっぽう現代科学が作り出した新しい成分はともすれば、長く使ううちに問題が出てきたり、思わぬ副作用が出てくることが多くあります。

世界各地で人々が、生活と人生を通じて、研究し蓄積してきた植物療法は、かけがえのない貴重な文化遺産です。

だからこそ先人に感謝しながら、その文化遺産を継承し、人々が発見し、伝えてくれた植物の力を現代のオーガニックコスメの中に活かしたいと、「アルテ」は考えています。

そうすることによって、さらに未来へ向けて、貴重な文化遺産を伝えることができるからです。

いわばオーガニックコスメは、短期間で作られた新しいものではなく、それには長い人々の歴史と知恵が息づいているのです。それゆえに安心安全であるだけではなく、調和的に肌に働きかけて、肌を本来の機能を取り戻させるパワーを秘めているのです。

使用する植物について
――――無農薬栽培または野生植物

オーガニックコスメで求められるのは、ひとつひとつの配合素材が健康で力強いパワーに満ちていることです。

健康なパワーに満ちた美容植物は、健康な大地から生まれます。

健康な大地は、さまざまな生き物や微生物に富み、それらが植物の栄養となり、パワーを生み出します。

「アルテ」の植物エキスは、日本の清浄な地域を選び、農薬を使わずに栽培された植物か、または野生植物を原料としています。

現代科学の分析においても、農薬や化学肥料を使わずに、自然な大地で育てられた栽培植物は、ミネラルやビタミンが豊富であることが明らかにされています。

そしてまた野生植物は、ヒトの手を借りずに自立して生きられる力に満ちています。

「アルテ」は、出来上がったオーガニックコスメがパワフルであるためにも、自然の調和に従って育くまれた植物を使っています。

天然100%へのこだわり
――植物の力を発揮させるために合成成分は一切使わない

オーガニック植物原料を使えば、オーガニックコスメができるというわけではありません。

オーガニックコスメ原料を使っていても、その化粧品の保存期間を高めるために合成防腐剤を使ったり、あるいは乳化や洗浄のために合成界面活性剤を使っていては、真の意味でオーガニックコスメとは言えないと「アルテ」は、考えています。

最終的にオーガニックコスメは、天然成分100%で作るべきと「アルテ」は考えています。

せっかくオーガニックで育てた植物の力を十全に生かすためにも、合成成分が入り混じっていては意味がありません。

それは合成成分が、植物のパワーを疎外してしまい、植物が本来の力を十全に発揮することができなくなるからです。

また合成成分そのものが、肌本来の機能を弱めたり、狂わせたりしてしまうからです。

「アルテ」は、化粧品に求められる洗浄や乳化方法、防腐方法において一切の合成成分を使わずに、すべて天然成分のみで仕上げています。

「アルテ」の製品に使用されている洗浄成分
石けん、クレイ
「アルテ」の製品に使用されている乳化成分
レシチン、イナゴ豆エキス
「アルテ」の製品に使用されている防腐成分
ローズマリーエキス、ゆずエキス、レイコノストック/ダイコン発酵エキス

天然100%へのこだわり
――植物の力を発揮させるために合成成分は一切使わない

一般的な薬局で販売されているグリセリンは、高濃度に精製されたものです。

その場合、石油から合成されたグリセリンか、または植物から得られたグリセリンの双方の原料があります。

植物から得られたグリセリンであれば、安全性が高いと思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。

植物の栽培時に農薬が使われていたり、あるいは遺伝子組み換え植物(大豆やとうもろこしなど)であったり、さらに植物オイルから得られたグリセリンを精製する際に化学的な有機溶剤を使っている場合もあり、その詳細が見えないことがほとんどです。

いっぽう「アルテ」の製品に配合されているグリセリンは、トレーサビリティ―が明らかなものであり、有機栽培の植物から一切の化学的な有機溶剤を使用することなく得られたものです。

「アルテ」では、長野県で有機栽培したひまわりを原料として植物オイルを摂り、それから得られた植物性グリセリンを使用しています。

この植物性グリセリンは、石けんを作る際に、副産物として出てきます。

石けんを作る場合、保湿力を感じさせるために、グリセリンを取り除かない方法もありますが、そうすると、お風呂で溶けやすい石けんになってしまいます。

そのため、石けんを作る際には、ほとんどの場合「塩析」と呼ばれる方法で、石けんが溶けた水溶液に塩を加えて、石けんとグリセリンを分離します。

つまり「塩析」とは、「高濃度の塩の溶液の中で、溶け込むことができなくなった石けんが、水溶液の表面に浮かんでくる」いう働きを利用したものです。いっぽう残った溶液は、グリセリンと塩が残留します。

この残留した溶液を煮詰めていくと、塩の結晶と、茶色の「甘液」と呼ばれる、様々な成分が溶け込んだグリセリンになります。

この「甘液」を、化学溶剤を使うことなく、布などによる簡易ろ過によって処理します。

そのように有機栽培のひまわりから得られる「アルテ」の植物性グリセリンは、通常の濃濃度の純粋なグリセリンと異なり、植物のポリフェノールや色素などを含んでいます。

しかし、こうしたポリフェノールや色素なども、肌の酸化を防いだり、潤いをキープするために役立つものがあるので、より肌にやさしいと言えます。

植物エキスは、自社製造
―――抽出溶剤もオーガニック原料にこだわる

「アルテ」は、植物エキスは、原料会社から購入して作るのではなく、自社で製造しています。 その理由は、自社製造することで、植物エキスのキャリーオーバー成分の心配がなくなり、また抽出溶剤もしっかりと選ぶことができるからです。

現在、多くの原料会社では、「BG」を抽出溶剤とした植物エキスが多く作られています。「BG」は、もともと石油由来成分ですが、最近は、植物原料からも作られるようになっています。しかし石油からであろうと、植物からであろうと、出来上がったBGはその性質は同じものであり、自然界にない成分です。

たとえば同じローズエキスであっても、それが「BG」に漬け込んで抽出したものか、あるは自然な溶剤によって抽出したものかによって。そのパワーや働きに大きな差が出てきます。

100%天然成分にこだわる「アルテ」は、植物エキスの抽出溶剤にもこだわり、有機栽培の穀物を原料としたアルコール(エタノール)を選びました。

そしてそのときどきで、自社契約ガーデンで植物を採取して、天然溶剤に漬け込み、植物エキスを作っています。

薔薇やラベンダー、ドクダミ、ユキノシタ、ローズヒップなどなど、その季節を選んで採取し、すぐに天然溶剤に漬け込むことで、植物のパワーが最大限に発揮される植物エキスを作っています。

「アルテ」が作るオーガニックコスメが天然100%であることに徹する理由は、使う人に、本来の植物の力を実感してほしいため、そして自然というものの素晴らしいパワーを知ってほしいからです。

製造過程でのこだわり
――有害物質を使わない製造で環境を守る

「アルテ」は、オーガニック栽培植物原料を使うことで、大地の浄化に貢献できると考えています。

そしてまた製造過程において天然100%のオーガニックコスメにこだわることで、有害物質を排出する不安が一切ないことも、環境保全の視点から重要だと考えています。

人のからだが自然なものであることはすぐにわかることですが、人のからだにとってダメージになるものは、当然、自然環境にとってもダメージになるのです。

「アルテ」は、本当の美しさを育むことができるのは、人工的なものではなく、自然なものだけと考えています。

「アルテ」が作るオーガニックコスメがオーガニック栽培植物にこだわり、そして天然100%の製造方法こだわるのは、使う人の中にある自然と、そしてあらゆる生命を育むおおいなる自然に、限りない敬意を抱いているからです。

シリーズ別コンテンツ

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ